本文へスキップ

研究会RESEARCH DIVISIONS

日本システムデザイン学会 2021年度 第3回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第3回定例研究会を下記日程にて開催致します。本年度は「”システム”を考える」をテーマとして、システムを研究する様々な分野の方々からの発表を予定しております。今回は価値を機能とコストとの関係で把握し、システム化された手順によって価値の向上を図る手法であるVE (Value Engineering) のエキスパートの方からお話をいただきます。是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年11月12日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:VE思考と日本でのVEの発展経緯(仮)
発表者:立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科教授 澤口 学
略歴:慶応義塾大学工学部数理工学科卒業.早稲田大学理工学研究科後期博士課程修了, 博士(工学)
現在その他の役職として
東北大学工学研究科客員教授
 早稲田大学理工学術院非常勤講師
 (有)バリューイノベーション研究所取締役・所長
 公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会参与,
 同バリューデザインラボ所長
 NPO 法人日本TRIZ協会副理事長
概要:VE(Value Engineering)は,第二次世界大戦後にGE社(米国)で開発された管理技術であり,モノの持つ機能に着目して,DTC(Design To Cost)の思考で,商品(製品やサービス)の価値向上(↑)Value =Function(↑) /Cost(↓) を目指す.日本では,主にオイルショック後の1970年代に製造業中心にVEの導入が進んだ背景がある.本講演では,主に日本でのVEの発展経緯を体系的にたどりながら,後半部では,現在のWithコロナ(あるいはAfter コロナ)の時代では,近未来の使用者が望むであろう「潜在的要求機能」を的確に把握して,「次世代型商品企画VE(筆者はニュー・ゼロルックVEと呼称)」を実施することが欠かせないことに言及する.
参加申し込み方法 今回の定例研究会に参加を希望される方は、準備上予め研究担当の池田大輔までご連絡いただきたく存じます。
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLをお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。

東京理科大学オープンカレッジにおけるシステムデザイン講座開講のご案内

このたび、東京理科大学オープンカレッジ2021年度秋冬期におきまして、 「イノベーション創出思考法」と「複雑化した時代をシステムデザインで考える」 の2講座を日本システムデザイン学会とのコラボ企画として開講することになりました。

「イノベーション創出思考法」については理事の三原康司先生に、システム設計法・ ワークデザインを基に開発したイノベーションを創出する設計法とはどのようなものかについてご講演いただきます。 「複雑化した時代をシステムデザインで考える」については、 日本システムデザイン学会に所属する新しい視点をもった専門家(三原康司先生、前野隆司先生、谷口尚子先生)から、 それぞれの専門分野の最先端の講義をシステムデザインの考え方を交えて講演していただきます。

会員のみなさまに受講をお勧めいたしますとともに、 ご関係の方々にシステムデザインへの理解を深めていただく良い機会ではと 思いますのでお声がけいただければ幸いです。

講座のご案内ページは以下の通りです。(講座名をクリックすると、東京理科大オープンカレッジの当該講義に関するページに移動します。)


「第17回日本TRIZシンポジウム2021」参加者募集のお知らせ

私たちは今、新型コロナウィルス感染症(COVIT19)という大きな災害に襲われ、 個人も企業も非常に先行き不安定な状況に置かれています。 そのような中で私たちは経済環境に振り回されない自分たちの未来を築くことが必要で、 そのために画期的な商品を開発していくことが求められています。

日本TRIZ協会は、創造的な技術革新の技法「TRIZ」について、広く発表・討論・交流を行うために、 「第17回日本TRIZシンポジウム2021」を開催します。

TRIZは産業界の技術革新を強力にサポートする思想、技法、知識エンジニアリングツールとして、 1996年に日本に紹介されて以来、TRIZに関心を持つ国内外ユーザにより多くの適用事例の紹介や研究が行われて、 これまでに15回のTRIZシンポジウムを毎年開催してきました。 革新的なモノ、技術、システムの開発に最も有用な情報が満載です。

奮ってご参加のお申し込みをお願い申しあげます。

                

TRIZシンポジウム実行委員会

第17回日本TRIZシンポジウム2021概要
主催 NPO法人日本TRIZ協会
テーマ 「TRIZでピンチをチャンスへ!」
開催日時 2021年9月2日(木)3日(金)2日間
会場 Zoomによるオンライン開催
新型コロナウィルス感染症(COVIT19)対策のため      オンラインで行います
プログラム内容 第1日
  • 特別講演
    • 隅藏康一 氏(政策研究大学院大学教授)
      「アカデミアとの協創によるオープン・イノベーション」
  • 一般発表(オーラル発表:10件)
  • オンライン交流会
第2日
  • 基調講演
    • Isak Bukhman(TRIZ Master: TRIZ Solutions LLC (USA))
      「世界の産業におけるTRIZ適用のトレンド」
  • 一般発表(オーラル発表:8件)
シンポジウム参加費 TRIZ協会会員  5,000円(早期申込割引参加費)
TRIZ協会会員は別途TRIZ協会会費として8,800円が必要です
TRIZ協会非会員 17,500円(早期申込割引参加費)
学生 3,000円無料
参加申し込み 協会HP掲載の申込み書式にてメールにてお申し込みください。
・Eメール:17_sympo@triz-japan.org
早期申込期限: 7月16日(金)  参加申込み締切: 8月19日(木)
シンポジウムの詳細 および申し込み用紙 http://www.triz-japan.org/symposium_top-j.html

日本システムデザイン学会 2021年度 第2回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第2回定例研究会を下記日程にて開催致します。本年度は「”システム”を考える」をテーマとして、システムを研究する様々な分野の方々からの発表を予定しております。今回は当学会の連携先であり、システム設計理論におけるブレイクスルー思考を中心に研究を進める企画計画学会所属のエキスパートの方からお話しいただきます。是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年7月9日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:ブレイクスルー思考におけるシステムについて
発表者:企画計画学会東京支部事務局長 出口 淳一(デグチ ジュンイチ)
略歴:東京工業大学機械工学科卒。精密機器メーカーにメカ設計者として入社。
機械系CAD/CAE、電子メールシステム、品質工学の導入リーダーなどを経て、現在は、技術者、スタッフを対象に業務効率化としてのQCサークル活動、業務革新としてのブレイクスルー思考の普及を推めている。
概要:ブレイクスルー思考で使っているシステムモデル(ホッパーモデル)について紹介し、それに沿って、ブレイクスルー思考の要素(3つの基礎原則、4つのフェーズ、4つの道具)について説明する。
参加申し込み方法 今回の定例研究会に参加を希望される方は、準備上予め研究担当の池田大輔までご連絡いただきたく存じます。
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLをお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。

日本システムデザイン学会 2021年度 第1回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第1回定例研究会を下記日程にて開催致します。本年度は「”システム”を考える」をテーマとして、システムを研究する様々な分野の方々からの発表を予定しております。今回は本テーマの第1回目として、システムの概論的な説明をいたします。是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年5月14日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:(仮)「『システム』の今日的意義」
発表者:早稲田大学名誉教授 黒須誠治
概要:システムという言葉は、便利な言葉です。たとえば、災害などの警報をするものを「警報システム」と言ってしまえば、何となく、どのようなものかがわかります。「警報をするもの」と言うと、想像しにくい感じがします。そしてさらに、災害の警報をするものを、作ろうと思ったとき、いちいち、「警報をするもの」を作ろう、と言うよりも、警報システムを作ろう、と言った方が、いろいろなアイデアが、出てきそうな感じがするのではないか、と思います。システムという言葉は、一時期、氾濫し、暴走もしましたが、今は落ち着き、便利に、わかりやすく、使われるようになりました。
参加申し込み方法 今回の定例研究会に参加を希望される方は、準備上予め研究担当の池田大輔までご連絡いただきたく存じます。
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLをお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。


NPO法人日本TRIZ協会主催 第四回「TRIZ懇話会」開催のお知らせ

 OnーLineによる「TRIZ懇話会」の第4回目は、2019年のTRIZシンポジウムにて「あなたにとって良かった企業発表」で第1位を獲得した宮西克也様をお招きし、TRIZシンポジウムでの発表内容をご講演頂きます。続いて企業内でのTRIZの活用方法について皆様とディスカッションを行いたいと思います。これを機会に企業でTRIZを実践されている方々と話をして頂けることで、コロナ禍でも面白く社内を活性化するためのヒントが見つかるかも知れません。興味のある方は是非参加下さい。

開催日時 2021年4月10日(土) 15:30〜17:00(zoom会議)
発表内容 題目:「人心を束ね組織を元気にする370名全社員TRIZ ~2度の大ワークショップへの挑戦~」
発表者:(株) パナソニック システムネットワークス開発研究所 宮西克也
概要:皆さんは何の目的でTRIZを活用していますか? 設計上の課題に直面した技術者の課題解決?それとも戦略的な知財開発?そしてその議論に関わるメンバ規模はどのくらいでしょうか? 私たちの会社は,2008年の会社設立20周年を機に国内3地域会社(仙台・金沢・浜松)を経営統合で1社化し新たなスタートを切りました。そして2018年には会社設立30周年を迎えるに至りました。私たちは、その節目となる2008年と2018年の2回、TRIZ思考の新しい可能性にチャレンジして成功を収めました。それは「全社員が入り交じる、アイデア出しを主眼としないTRIZ」です。具体的には,全社員が一堂に集まってワイガヤ議論で入り交じることでの組織活性化・意志結集を狙った大規模なワークショップを企画し、実施しました。
参加申し込みの受付期間と方法 申込締切:2021年4月6日(火)
詳細は以下のTRIZ懇話会ページをご参照ください。
http://www.triz-japan.org/SocialGathering.html
参加費 無料
本TRIZ懇話会に関するご質問 本懇話会に関するご質問は,info@triz-japan.org宛にお願いします。


日本システムデザイン学会 第4回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第4回定例研究会を下記日程にて開催致します。
 今回も前回同様コロナの影響を配慮し、zoom会議での開催を予定しております。
 是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年3月12日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:「技術者教育を通じ考えたデザイン視考」
発表者:葛生 伸(くずう のぶ)
略歴:東京都立大学理学部物理学科卒業(昭和53年)後,同大学大学院理学研究科博士課程修了。東洋曹達工業(株)(現 東ソー (株)) ,山口日本石英(株),日本石英硝子(株)勤務を経て,平成8年福井大学工学部応用物理学科助教授,平成18年教授,令和3年3月定年退職予定。
概要:12年間の企業経験の後,大学教員を25年務めてきました。当初は,物理系学科の専門教育を担当していましたが,学生時代から問い続けてきた「世の中で充実しながら生きていくためには,どのように学んだらよいのか?どのように生きたら良いのか?」に答えるため,技術者教育,(エンジニアリング)デザイン教育,キャリア教育,初年次教育,学内外での様々な教育・啓発活動をしてきました。キャリア教育の中では,「自分自身の棚卸しと将来のシナリオ作り」の大切さを強調してきました。自分自身の振り返りや充実している人たちの生き方を見ていくと,適切な目標設定と,予定通りに行かない場合の目標の再設定が大切だと思うようになりました。ある意味で,ワークデザインの目的展開や機能除去と代替案の提案を半ば無意識に行っているように思います。デザイン視考の立場ではじめてシステム設計をしたのが,大学受験勉強のやり方でした。学生への導入教育では受験勉強のシステム設計を例にあげ,身近な商品の開発経緯の目的展開を通じてその後の展開を考える方法を話しています。授業での,失敗例を含めて学生との考え方の違いに悩みながら実践してきた事例を紹介します。
参加申し込みの受付期間と方法 今回の定例研究会に参加を希望される方は、準備上予め研究担当の池田大輔までご連絡いただきたく存じます。
・受付期間:2021年3月11日(木) まで
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLと発表資料をお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。


日本企画計画学会 特別講演のお知らせ

 日本システムデザイン学会と連携しております、日本企画計画学会の特別講演が下記日程にて開催されます。Zoomによるオンライン開催・無料です。是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年2月13日(土) 午前10:00〜12:00(zoom会議)
※講演の進行により多少時間が前後する可能性がございます。
発表内容 題目:「開発者が語る『切れちゃう瞬冷凍AI』誕生秘話 ブレイクスルー思考」
発表者:三菱電機株式会社 執行役員 住環境開発センター長 平岡利枝
概要:ブレイクスルー思考を使って冷凍冷蔵庫の新商品を作り出そうという『ブレイクスループロジェクト』に参加された当時静岡工場の女性エンジニアが、『切れちゃう瞬冷凍AI』という大ヒット商品を開発した。現在は同社の家電製品開発の責任者を務めている。この商品は、解凍時間を経ずにすぐに肉や魚が調理でき、食事や食後の団らん時間が長く作り出せるというコンセプトのもと開発された。今回はその現役の開発者が直接語る。
参加申し込みの受付期間と方法 詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://breakthrough-tokyo.appspot.com/
本特別講演の参加費 無料
本特別講演に関するご質問 本特別講演に関するご質問は,matsunagajoji@yahoo.co.jp 宛にお願いします。


日本システムデザイン学会 第3回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第3回定例研究会を下記日程にて開催致します。
 今回も前回同様コロナの影響を配慮し、zoom会議での開催を予定しております。
 是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2021年1月15日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:「自閉症者が納税者になれるシステムを目指して」
発表者:北浦 啓一(きたうら けいいち)
略歴:地方公共団体に勤務を経て、早稲田大学ビジネススクールに進学
学習塾・予備校経営の後、現在児童発達支援教室の経営と共に不動産関連事業を運営中
 1989年 早稲田大学システム科学研究所・BS課程修了
 1999年 産能能率大学大学院経営情報学修士修了
概要:自閉症者のライフステージを考えるとき、行政による早期発達支援教育が存在しない就学前と、就労支援の方法論が自治体によってばらつきがある。就学後の就労問題は、保護者のストレスとなっている。本稿では、これらの不透明感払拭の提案として、就学後の生活の場として期待されているグループホームをはじめ、経済活動、生きがいの手段としての就労の現状、問題点を調査、提示し、未来志向の新たなシステムへの提案を行いたいと考えている。そのために、公的、私的データ、文献はもとより、インタビュー等のフィールドワーク、システム思考法を駆使して、望ましく、実現可能なシステムの提案を行う。
参加申し込みの受付期間と方法 ・受付期間:2021年1月14日(木) まで
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLと発表資料をお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。


日本システムデザイン学会 第2回定例研究会 開催のお知らせ

 本年度の第2回定例研究会を下記日程にて開催致します。
 今回も前回同様コロナの影響を配慮し、zoom会議での開催を予定しております。
 是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時 2020年11月13日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:「ビジネスモデル作成におけるシステム創造思考法の活用」〜修士論文「Photo Sharing Platformにおけるマーケティング戦略」を用いた考察〜
発表者:藪野 美芽(やぶの みめ)
略歴:出版社、広告代理店を経て、オリコングループにてWeb マーケティング&プランニング事業部次長としてオリコン顧客満足度ランキングの立ち上げに携わる。実務と並行して2009年より社会貢献活動を主とする公益社団法人東京青年会議所に所属。会員拡大、政治、教育の部門で担当理事を務める。2014年不動産事業で独立の後に業界の不条理さや起業の難しさを感じ、2016年MBAへ進学。在学中の妊娠・出産を経て現在、実体験を元にした分野での起業も準備検討中。
 2019年 早稲田大学経営管理研究科修了
 2019年 9月より早稲田大学商学研究科 後期博士課程在籍
    (専攻:マーケティング戦略)  
概要:近年、ビジネスモデルはスタートアップに不可欠な考え方としてクローズアップされており(Mass et.al,2017)、実業界だけではなく学会での注目も高まっている。ビジネスモデルの策定における「分析、発想、試作、検証の創造サイクル」(井上,2019)の中で、特に分析、発想の部分でシステム創造思考法が有効であると考え、修士論文研究の中で検証した。研究においてPhoto Sharing Platformが、スキルシェアの分類で、価格設定の高額さや納品数制限など、必ずしも消費者に寄り添っているとは言えない現状について、システム創造思考法を用いて分析した。具体的に、写真撮影ビジネス、写真撮影の分析及び、ターゲット層へのデプスインタビューにおいて機能展開を用いた。本発表では、システム創造思考法が、ビジネスモデルの策定に有効であることを提唱すると共に、マーケティング戦略立案の為の思考法に応用できないか、今後の研究の方向性について述べる。
参加申し込みの受付期間と方法 ・受付期間:2020年11月12日(木) まで
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLと発表資料をお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。


日本システムデザイン学会 第1回定例研究会 開催のお知らせ

 日本システムデザイン学会 第1回定例研究会を以下の通り開催いたします。なお,通常は研究会会場において対面で開催いたしますが, 今回はCovid-19の感染予防対策のため, オンライン形式(zoom会議)で開催いたします。定例研究会に関しましては, 会員以外の方の発表申し込みならびに参加も受け付けます。皆様, ぜひ奮ってご参加ください。

開催日時 7月10日(金) 17:30〜19:00(zoom会議)
発表内容 題目:健康経営推進につながる「つながらない権利」  
発表者:Yasushi Yamamoto & Associates 代表 山本 靖(やまもと やすし)
略歴:商社勤務, 起業を経て, 現在はYasushi YAMAMOTO & Associates代表として, 日米の中小企業ならびにベンチャー企業の社外役員,顧問として経営管理に従事. 著書には「デバイス古今東西」(CQ出版),「VHDLデザイン・テクニック」(電波新聞社)その他,慶應義塾大学卒, 博士(学術)早稲田大学  
概要:「健康経営」は, 従来の健康管理を経営の戦略的な視点で捉え, 従業員の健康管理に対してより積極的に投資していく経営です. この健康経営を推進していく上で重要なポイントは, 働き過ぎを防止することにより, 働く人々の健康を守ることにあります. しかし, 昨今のITの技術革新によって, 瞬時のコミュニケーションの実現ならびに生産性の向上が達成されると同時に, 従業員のワーク・ライフ・バランス(WLB)が変化しつつあります. また直近の新型コロナ・ウイルスの影響が一層その拍車をかけています. つまり, 従業員はいつ, どこで, どれだけ働くかということが変容しつつあります. 特に, WLBのオンとオフの境界線を明確化することが困難になってきています. その理由は, 従業員は, WLBのオフの状態であったとしても, パソコンやスマートフォンやスマートウォッチ上の電子メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を介して上司や顧客から直接つながったままだからです. 場合によっては, いつでも, どこにいても, 仕事上の電子メールやSNSの読み書き, 報告書の作成, 折返し電話などのコミュニケーションに迫られます. このWLBのオンとオフの境界線を明確化させるため, 「つながらない権利」が議論されています. 従業員が勤務時間のオフの時に仕事の電話やメールそしてSNSなどへの対応を拒否できる権利のことです. 本研究発表では, 健康経営というフレームワークの中につながらない権利をルール化した場合の課題, しなかった場合の課題について整理します. そして,つながらない権利が欧米で法整備化されつつある現状を文化思想的観点から考察します.
参加申し込みの受付期間と方法 ・受付期間:2020年6月11日(木)〜7月9日(木)
・受付方法:e-mail アドレス:ikedad@ruri.waseda.jp宛, 本文に参加希望の旨を記入の上, 送信してください。  
申し込み受付後にzoomの招待URLと発表資料をお送りします。
定例研究会参加費 無料
定例研究会に関するご質問 定例研究会に関するご質問は,ikedad@ruri.waseda.jp 宛にお願いします。